勉強の期間の目安とは

公認会計士試験に合格するまでの期間の目安としては、おおよそ2年から4年程度が平均とされています。もちろん中には1年程度の勉強で合格するという方もいますが、全体的な割合としてはほとんどいないため、基本的には最短でも2年、通常ならば3年から4年以上と考えておくと良いでしょう。実際に合格した人の割合としては勉強した期間が3年で合格したという人が5割ほどを占めており、勉強する期間の目安としては2年から4年の間くらいを目安として計画を立てると、無理のない勉強をする事ができるでしょう。

勉強公認会計士の試験に合格するために必要な勉強時間は一番少ない場合でも、3000時間ほど必要だと言われています。ですから1年で試験合格を目指す場合、1日あたり10時間近く勉強をしなくてはいけませんので、もし1年で合格を目指すという場合1日のほとんどを勉強漬けになって過ごさなくてはいけません。ですから2年以上かけて計画的に勉強した方が無理のない勉強をする事ができますし、時間をかける事でより勉強できる時間も増えるため合格できる確率が増えていきます。目安ではありますが、最低でも3000時間以上の勉強が必要になるという事を忘れず、勉強の計画を立てていかなくてはいけません

公認会計士になるために必要とされる期間はどうしても長くなってしまいます。ですから無理のない勉強をしていくためにも、どのくらいの期間が目安となるのかを知り、その上で無理のない計画を立てて勉強していけるようにしましょう。